医者

椎間板ヘルニアを改善|レーザー治療で悩み軽減サポート

気付きにくい骨折

脊椎の骨折

女性

圧迫骨折とは外傷や脊椎の衰弱その他の要因で引き起こされる骨折です。脊椎が押し潰されるように変形して骨折するのが特徴です。他の骨折と違って安静にしていると痛みが少ないので、高齢による身体の不調として放置されるケースもあり、それが圧迫骨折によるものだと長年気付かない場合があります。圧迫骨折の主な原因は、骨粗しょう症です。骨粗しょう症は骨に小さな穴が多数できる病気で、これによって骨の密度・耐久性が減少し、骨の変形・骨折を誘発します。骨粗しょう症になると外からの圧迫も非常に弱くなり、転んで尻もちをつく・重い物を持とうと力を入れるなどの動きで脊椎が押し潰され、圧迫骨折に至ります。酷い時にはくしゃみの衝撃だけで圧迫骨折します。

圧迫骨折した人の三人に一人は、鋭い痛みを感じるとされています。逆に言えば三人に二人は、それほどの痛みを感じないので、圧迫骨折している事に気付きません。痛み自体は安静にしていると治まる傾向があります。脊椎の骨折によって身体のバランスが崩れ、他の部位に負担がかかる事によって次の骨折を招く可能性があります。圧迫骨折の治療法は大別して二種類あり、外科的な治療と保存治療に分けられます。保存治療では骨折部分の資源治癒を待ちます。その際はコルセットの使用が一般的です。また血行改善薬や消炎鎮痛薬と言った薬物治療も並行して行われます。外科治療では骨折の状況によって、骨折部分をセメントで修復する経皮的椎体形成術や椎間板を摘出を摘出し、代わりとなる人工物を移植する後方椎体間固定術があります。

Copyright © 2015 椎間板ヘルニアを改善|レーザー治療で悩み軽減サポート All Rights Reserved.